ページトップ

海蔵庵

更新日 : 2019年3月19日

所在地 田町二丁目1番30号
 このお寺は神蹟山海蔵庵と号します。
 寺伝によれば、延喜年中に聖武天皇が九州御巡拝のおり山寺に立ち寄られ一宇を建立されて、神蹟山海蔵庵観音寺と号されたのが当庵の濫觴で、藤田浄蓮寺に所属しています。
 本尊は阿弥陀如来で両脇に六観音をおまつりしています。
 天和3年(1683年)芳譽傳廊上人という方が田町に火災、病人が多数出たこともあり、住人の要請もあって山寺にあった観音寺を廃し、海蔵庵と改称して現在の田町(新町)へと移転しました。
 昔より火災守護、安産、商売繁盛のお寺として信仰をあつめ、番華の耐えることがありません。
 境内には毘沙門天像、阿弥陀如来像(骨仏)不動明王、六地蔵、大師像などがおまつりされています。
 毎年8月17日は観音様の祭日で多数の参詣者で境内もにぎわいます。

海蔵庵写真

このページの作成者

八幡西区役所コミュニティ支援課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。