ページトップ

桜屋跡

更新日 : 2019年3月19日
最も古い桜屋旅館
<最も古い桜屋旅館>

所在地 藤田二丁目1番
 現在の藤田二丁目1番付近には、江戸時代、黒崎宿の旅籠屋の1つである桜屋がありました。
 桜屋は文化5年(1808年)ごろの創業と伝えられ、鹿児島藩、熊本藩の御用達や佐賀藩の定宿をつとめ、幕末には平戸藩の御用達にもなります。桜屋と呼ぶ前は薩摩屋と称していました。江戸時代最後の桜屋の当主は勤皇の志が厚かったため、西郷隆盛や坂本竜馬などの志士たちをはじめ、三条実美ら五卿が宿泊しました。
 桜屋の「離れ座敷」は天保11年(1840年)の建築といわれ、明治維新の歴史を伝える貴重な建物として後日の復元のため平成2年に解体し、平成24年に八幡西図書館内に復元されています。

桜屋跡地碑
<桜屋跡地碑>
復元された離れ座敷
<復元された離れ座敷>

このページの作成者

八幡西区役所コミュニティ支援課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1441

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。