ページトップ

茶屋の原一里塚跡

更新日 : 2021年4月14日

所在地 茶屋の原二丁目5番
 一里塚は、街道の両側に一里(通常約4キロメートル)毎に設けられた塚です。戦国時代の末期に既に存在していましたが、本格的に整備されたのは、慶長9年(1604年)二代徳川秀忠のときからです。
 一里塚の上には榎、松などが植えられ、江戸日本橋から全国への里程(道程)を旅人に知らせる目印となりました。
 小倉から長崎までの長崎街道にも一里塚が設けられ、八幡西区内には幸神、小嶺、茶屋の原、六本松(旧木屋瀬村はずれ)にありました。小嶺と茶屋の原の間は距離が一里に満たず、六合道と呼ばれていました。これは、アケ坂、石坂等の険しい坂道があったことを配慮したものと思われます。古老の話では、ここの一里塚には、松と椎の木が植えられていたと言われています。
 この一里塚の石碑は、昭和57年に地元の郷土会によって建てられたものです。

茶屋の原一里塚跡写真

このページの作成者

八幡西区役所総務企画課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1442 FAX:093-622-6463

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。