ページトップ
印刷用ページ
現在位置:トップページ > 八幡西区 > 区のみどころ > 歴史・文化 > 折尾地区の史跡 > 11 三好セキ女史頌徳碑

11 三好セキ女史頌徳碑

更新日 : 2020年6月18日

所在地 大膳二丁目20番
 大正7年(1918年)に、私財を出して遠賀郡内に初めての女子中等教育を行う学校、「私立折尾高等女学校(現県立折尾高等学校)」を設立しました。
 女学校はその後、大正15年(1926年)に福岡県に移管され、いくつかの変遷を経て、現在の県立折尾高等学校となります。
 炭坑経営者であった夫の死後、セキ女史はその財産を次々と公共に寄付しました。
 この頌徳碑は、昭和9年(1934年)に建設され、碑文は第32代内閣総理大臣 廣田弘毅氏の筆によるものです。

三好セキ女史頌徳碑

このページの作成者

八幡西区役所総務企画課
〒806-8510 北九州市八幡西区黒崎三丁目15番3号 コムシティ5階
電話:093-642-1442 FAX:093-622-6463

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。