ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 市政情報 > 構想・計画 > 各種指針・計画 > 国際・情報通信 > 株式会社日立製作所と、ハイブリッドクラウド運用を実現する次世代システム共通基盤構築に向けた共同研究を行います。
ページ本文

株式会社日立製作所と、ハイブリッドクラウド運用を実現する次世代システム共通基盤構築に向けた共同研究を行います。

更新日 : 2022年7月15日
ページ番号:000163944

 北九州市では、昨年12月に策定した「北九州市DX推進計画」に基づき、デジタル技術やクラウドの活用による行政サービスの改革や業務の効率化等に向け、DXの取組を推進しているところです。

 今回、株式会社日立製作所と行う共同研究では、本市のプライベートクラウドで運用している「システム共通基盤(注1)」について、将来的な「ガバメントクラウド(注2)」との相互接続運用(ハイブリッドクラウド運用)を想定し、さまざまな調査・研究を実施することとしています。

(注1)システム共通基盤: 仮想サーバー技術と情報システムの稼働に不可欠な機能(共通機能)の整備により、複数の業務システムを一括搭載し、統合運用管理を行うことで全体最適を図っている北九州市独自のICTプラットフォーム

(注2) ガバメントクラウド:デジタル庁が調達するセキュリティ評価制度(ISMAP)のクラウドサービスリストに登録されたクラウドサービス(地方公共団体に提供される予定)

1 背景

 国では、「デジタル社会の実現に向けた重点計画」、「デジタル・ガバメント実行計画」が定められ、行政情報システムのクラウド化を進めるとされています。

 また、自治体では、クラウドサービスの積極的な活用と自治体情報システムの標準化・共通化への対応が期待されており、特に国が整備することとされているガバメントクラウドへの移行準備について議論されています。

 本市においても、最適なシステム統合運用を図る「次世代システム共通基盤」の基本設計の検討を開始しているところです。

2 実施内容(詳細については、別紙の共同発表資料をご覧ください。)

(1)ガバメントクラウド利用を想定した情報システムとシステム共通基盤に関する研究

(2)ハイブリッドクラウドを前提とした最適なシステム構成の検討

3 実施期間

令和5年3月末まで(予定)

4 問い合わせ先

北九州市デジタル市役所推進室デジタル市役所推進課

担当課長:廣渡、担当係長:髙尾  電話:093-582-2895

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

デジタル市役所推進室デジタル市役所推進課
〒803-8510 北九州市小倉北区大手町1番1号
電話:093-582-2827 FAX:093-562-1061

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。