ページトップ
印刷用ページ

現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 予防接種 > 平成29年度高齢者用肺炎球菌の定期予防接種のお知らせ

平成29年度高齢者用肺炎球菌の定期予防接種のお知らせ

平成26年10月1日から、高齢者用肺炎球菌の定期予防接種が始まりました。
肺炎球菌は肺炎の原因の25%~40%を占め、肺炎だけでなく、慢性気道感染症、中耳炎、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎等の原因となります。予防接種で肺炎球菌からの感染を防ぎましょう。

接種を受ける際は、予め、かかりつけ医や接種医療機関の医師に相談しましょう。
また、ご自宅に郵送される予診票を医療機関にご持参ください。なお、65歳以上の対象者の方へは、平成29年7月上旬に予診票等を郵送する予定です(予診票郵送前に接種を希望される方は、医療機関にある予診票をご使用ください)。

接種対象者

1.市内にお住まいで、下記に該当する方(平成30年度以降は生年月日が1年ずれます)

 平成29年度の対象者
  昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生
  昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生
  昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生
  昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生
  昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生
  昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生
  大正11年4月2日生~大正12年4月1日生
  大正6年4月2日生~大正7年4月1日生

2.市内にお住まいの60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害を有する方(身体障害者手帳1級程度)

<ご注意>

 ※上記対象者が平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン接種の対象となる期間は平成29年4月1日(土曜日)~平成30年3月31日(土曜日)です。対象期間以外は任意接種(全額自己負担)となります。

 ※長期にわたる疾病やその他特別な事情により、定期予防接種の対象期間内に接種する機会を逃した方については、当該特別の事情がなくなった日から起算して1年を経過するまでの間、当該定期予防接種の対象者として接種可能です。詳しくは下記お問い合わせ先へ。

接種方法

1回接種(現時点では公費接種は一人1回限り)

※任意としてすでに接種している方は、対象外です。
※平成29年4月1日より前に自費で接種した費用についての返金はありません。

ワクチン接種にかかる費用(自己負担額)

4,300円
※但し、(1)生活保護受給者(2)世帯全員が市民税非課税の者、いずれかに該当する方は減免(無料)。減免手続きについては下記(項目「減免手続き方法について」)をご参照ください。

減免手続き方法について

対象者のうち、生活保護受給者又は世帯全員が、市民税非課税の方は自己負担額が減免(無料)になります。

下記のいずれかの方法で減免します。

  1. 「年度介護保険料納入通知書(保険料段階が1~3段階のもの)」を医療機関の窓口に提示する。
  2. 各区役所保護課で「保護証明書」の交付を受け、医療機関に提示する。(生活保護を受けていることが医療機関で確認できる場合は不用)
  3. 本人確認資料(運転免許証、住民基本台帳カード、健康保険証など)と印鑑(認印)と予診票を持参して、各区役所保健福祉課で減免確認を受け、医療機関に提出する。

接種できる医療機関

接種を希望される場合は、接種できるかどうか事前に確認することをお勧めしています。

ワクチン等の準備のため、事前確認がない場合は接種できないことがありますので、ご注意ください。

高齢者用肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン 「ニューモバックスNP」)は、93種類ある肺炎球菌のうち、人に病原性をもち感染する危険の高い23種類に対し免疫をつけることができるものです。

この23種類で、肺炎球菌が原因で起こる肺炎等の感染症の7割について効果を発揮するとされています(肺炎全てを予防できるものではありません)。

インフルエンザのように季節性のものではないので、通年で接種することができ、また、毎年接種する必要はありません

通常、インフルエンザワクチンと同時接種はできません。6日以上間隔を開けて接種してください。同時接種は医師が必要と認めた場合に実施できます。詳しくは接種医療機関の医師にお尋ねください。

予防接種の副反応について

 接種後に注射部位が腫れたり、赤くなったり、熱をもったり、痛むことがありますが、ほとんどの場合、特に治療を必要とせず、約2~3日で回復します。
 しかし、まれにじんましん、呼吸困難や発熱などが現れる場合があります。その場合は接種した医療機関を受診してください。

ワクチン及び副反応については、厚生労働省Q&A(外部リンク)もご参照ください。

お問い合わせ先

門司区役所健康相談コーナー 093-331-1881(代表)
小倉北区役所健康相談コーナー 093-582-3440(直通)
小倉南区役所健康相談コーナー 093-951-4111(代表)
若松区役所健康相談コーナー 093-761-5321(代表)
八幡東区役所健康相談コーナー 093-671-0801(代表)
八幡西区役所健康相談コーナー 093-642-1441(代表)
戸畑区役所健康相談コーナー 093-871-1501(代表)
保健福祉局保健衛生課 093-582-2430(直通)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局保健衛生部保健衛生課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2435 FAX:093-582-4037

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

ご注意

  1. こちらはお問い合わせ用のフォームではありません。
    業務に関するお問い合わせやご意見は、「このページの作成者」欄に記載の部署へお願いいたします。
  2. 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。