ページトップ
ページ本文

国民健康保険料の計算方法

更新日 : 2021年6月1日

国民健康保険料は毎年6月上旬に決定します。

令和3年度国民健康保険料の計算は以下のとおりです。

また、令和3年度の国民健康保険料は、国民健康保険料の目安と簡易試算のページからも計算ができます。

医療分

区分 料率 納めていただく保険料
均等割額 1人当たり 20,910円      人     (1)
  円 
平等割額 1世帯当たり 24,850円 (2)
24,850円  
所得割額   Aさん:総所得金額等-基礎控除43万円(マイナスになる場合は0円)
__________円-  43万円  =___________円(a)
  Bさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(b)
  Cさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(c)
(3)
 計(a+b+c+…)________円×7.78÷100(所得割料率)=_________円
合計 1年間の保険料 (4)=(1)+(2)+(3)
___________円

 (注)医療分の1世帯当りの保険料限度額(年額)は、630,000円です。
 (注)年度途中で加入し保険料を月割りで計算する場合
   1年間の保険料_______円(4)×__ ÷ 12月=______円(5) (10円未満切捨て)

支援金分(対象となる方は、医療分と同じです)

区分 料率 納めていただく保険料
均等割額 1人当たり 7,910円      人     (6)
  円 
平等割額 1世帯当たり 9,400円 (7)
9,400円  
所得割額   Aさん:総所得金額等-基礎控除43万円(マイナスになる場合は0円)
__________円-  43万円  =___________円(a)
  Bさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(b)
  Cさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(c)
(8)
 計(a+b+c+…)________円×3.03÷100(所得割料率)=_________円
合計 1年間の保険料 (9)=(6)+(7)+(8)
___________円

 (注)支援金分の1世帯当りの保険料限度額(年額)は、190,000円です。
 (注)年度途中で加入し保険料を月割りで計算する場合
   1年間の保険料_______円(9)×__ ÷ 12月=_______円(10) (10円未満切捨て)

(医療分+支援金分)の所得割額を除く料金(均等割額+平等割額)
区分 1人 2人 3人 4人 5人 6人
基本料金 63,070円 91,890円 120,710円 149,530円 178,350円 207,170円

介護分(対象となるのは、被保険者のうち40歳以上65歳未満の方)

区分 料率 納めていただく保険料
均等割額 1人当たり 9,740円      人     (11)
  円 
平等割額 1世帯当たり 8,580円 (12)
8,580円  
所得割額   Aさん:総所得金額等-基礎控除43万円(マイナスになる場合は0円)
__________円-  43万円  =___________円(a)
  Bさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(b)
  Cさん:総所得金額等-基礎控除43万円(   同上 )
__________円-  43万円  =___________円(c)
(13)
 計(a+b+c+…)________円×3.22÷100(所得割料率)=_________円
合計 1年間の保険料 (14)=(11)+(12)+(13)
___________円

 (注)介護分の1世帯当りの保険料限度額(年額)は、170,000円です。
 (注)年度途中で加入し保険料を月割りで計算する場合
   1年間の保険料_______円(14)×__ ÷ 12月=_______円(15) (10円未満切捨て)

介護分の所得割額を除く料金(均等割額+平等割額)
区分 1人 2人 3人 4人 5人 6人
基本料金 18,320円 28,060円 37,800円 47,540円 57,280円 67,020円

国民健康保険料合計額

医療分(4)又は(5)_____円 +支援金分(9)又は(10)_____円 +介護分(14)又は(15)

_____円 = 合計_______円

総所得金額等の算定方法

1 総所得金額等とは

  総収入金額   必要経費等   総所得金額等
Aさん (______円) (______円) (_______円)
Bさん (______円) (______円) (_______円)
Cさん (______円) (______円) (_______円)

 

2 必要経費等の算定方法

 (1) 自営業の方  :確定申告時の算定方法によります。
 (2) サラリーマンの方:給与所得控除(給与所得控除速算表で算定できます。)
 (3) 年金受給者の方:公的年金控除(公的年金等控除速算表で算定できます。)

[参考1] 給与所得控除速算表(実際の計算は所得税法別表第5を使いますが、概算は、次の表で計算できます。)

給与収入金額 控除額
162.5万円以下 550,000円
162.5万円超180万円以下 収入金額×40%-100,000円
180万円超360万円以下 収入金額×30%+80,000円
360万円超660万円以下 収入金額×20%+440,000円
660万円超850万円以下 収入金額×10%+1,100,000円
850万円超 1,950,000円

[参考2] 公的年金等控除速算表

  公的年金等の収入金額(A) 公的年金等に係る雑所得以外の合計所得金額(注)
1,000万円以下 1,000万円超2,000万円以下 2,000万円超
65歳未満 130万円以下 600,000円 500,000万円 400,000万円
130万円超410万円以下 (A)×25%+275,000円 (A)×25%+175,000円 (A)×25%+75,000円
410万円超770万円以下 (A)×15%+685,000円 (A)×15%+585,000円 (A)×15%+485,000円
770万円超1,000万円以下

(A)×5%+1,455,000円

(A)×5%+1,355,000円 (A)×5%+1,255,000円
1,000万円超 1,955,000円 1,855,000円 1,755,000円
65歳以上 330万円以下 1,100,000円 1,000,000円 900,000円
330万円超410万円以下 (A)×25%+275,000円 (A)×25%+175,000円 (A)×25%+75,000円
410万円超770万円以下 (A)×15%+685,000円 (A)×15%+585,000円 (A)×15%+485,000円
770万円超1,000万円以下 (A)×5%+1,455,000円 (A)×5%+1,355,000円 (A)×5%+1,255,000円
1,000万円超 1,955,000円 1,855,000円 1,755,000円

(注)公的年金等に係る雑所得以外の合計所得金額とは、その年の公的年金収入がないものとみなし、所得税法第70条(純損失の繰越控除)及び第71条(雑損失の繰越控除)の規定を適用しないで計算した場合における同法第22条(課税標準)に規定する総所得金額に分離課税所得、退職所得金額及び山林所得金額の合計額をいいます。 

国民健康保険料の軽減・減免

所得が一定額を下回る世帯や、災害、失業、倒産、その他の事情で保険料を納めることが困難な世帯は、保険料が軽減・減免される場合があります。詳しくは、以下のページをご覧ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局健康医療部保険年金課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2415 FAX:093-582-5227

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。