ページトップ
ページ本文

ものわすれ外来

北九州市では、市内の医療機関に「ものわすれ外来」を設置しています。

ものわすれ外来とは?

 「ものわすれ外来」とは、認知症の早期発見・早期対応を目的とした診療外来として、市内の医療機関の協力を得て設置しています。
 認知症について不安や心配がある方が、身近なところで気軽に受診し、相談できる医療機関です。診察(診断や治療)のほか、相談・助言(認知症に対する対応や家族の対応など)を行います。また、必要に応じて、各種制度・サービス等の相談窓口の紹介や、かかりつけ医や家族等への情報提供や助言、専門医療機関の紹介などを行います。

平成29年3月1日現在42ヶ所

利用できる人

 「最近ものわすれがひどくなった」、「新しいことがなかなか覚えられない」、「自分は大丈夫だろうか」と心配な人、あるいは周囲から勧められた人等、どなたでも気軽に受診できます。

費用

 医療保険等による自己負担額
 (加入する医療保険の被保険者証をお持ちください。)

利用方法

  • 直接、「ものわすれ外来」にかかることができますが、医療機関によっては、予約や紹介状が必要なところや、受付・診療時間が限られているところがありますので、事前に医療機関へお電話で確認してください。
  • かかりつけ医がいる方は、できるだけかかりつけ医からの紹介状をもって受診することをおすすめします。紹介状があることで、検査や診断がスムーズにすすめられます。
  • 居住区を越えての受診も可能です。

※最新の医療機関一覧等は、下記の関連リンクをご覧ください。

このページの作成者

保健福祉局総務部認知症支援・介護予防センター
〒802-8560 北九州市小倉北区馬借一丁目7番1号
電話:093-522-8765 FAX:093-522-8773

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。