ページトップ
ページ本文

下関北九州道路

更新日 : 2019年4月22日

下関北九州道路について

 下関北九州道路は、本州と九州を繋ぐ新たな幹線道路ネットワークとして、また関門地域を一体化する都市間連絡道路として広域的な連携を支えるとともに、アジアとの交易を中心とした国際物流拠点の形成に大きく寄与する道路として「地域高規格道路」の候補路線に位置づけられています。

 現在、関門橋(1973年開通)や関門国道トンネル(1958年開通)は、供用開始から年月が経過し、老朽化による補修工事等のため渋滞や通行止めが度々発生しており、下関北九州道路にはこのような状況を解消する効果が期待されます。

 また、関門橋や関門国道トンネルのリダンダンシー(大規模災害時における代替機能)確保の観点からも、重要な役割を果たすことが期待されます。

 本市は、山口県、福岡県、下関市とともに「下関北九州道路整備促進期成同盟会」の一員として、民間企業を中心に組織される「下関北九州道路建設促進協議会」やその他の関係団体と協力しながら、下関北九州道路の早期実現を目指し、国に対して要望を行っています。

近年の要望活動について

下関北九州道路の調査検討について

 平成29年度からに国による道路調査費補助を受けて約2年間にわたり、地域での調査検討を行ってきました。
 その調査検討について、平成31年4月17日に開催された北九州市議会建設建築委員会に報告しました。

下関北九州道路に関する資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建築都市局計画部都市交通政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2518 FAX:093-582-2503

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。