ページトップ
ページ本文

板櫃川(いたびつがわ)

更新日 : 2021年6月3日

都市基盤河川改修事業

二級河川板櫃川水系

板櫃川(いたびつがわ)

板櫃川は、八幡東区の皿倉山に源を発し、八幡東区および小倉北区の旧市街地を貫流して、日明港に注ぐ二級河川です。流域の大半が山地部で形成されているため、非常に自然の豊かな河川で、天然アユも中流域まで遡上しています。
昭和28年の西日本水害では大きな災害を受けた河川で、県の災害復旧工事や改良工事の実施を経て、昭和45年度から下流区間を都市基盤河川改修事業により整備しています。
また平成元年度には地域の愛護活動が認められラブリバー制度の認定を受けたことにより、沿川住民で構成する「かわばた会議」を組織し『市民参加の川づくり』に取り組んでいます。
上流部については、昭和63年度から環境整備事業に取り組み、高見地区では、住宅市街地の整備と合わせて環境整備を行い、平成19年7月に水辺の楽校(がっこう)の整備が完了しました。

板櫃町(愛宕橋付近)の画像
板櫃町(愛宕橋付近)
上到津二丁目(八幡橋付近)の画像
上到津二丁目(八幡橋付近)
高見地区(整備前)の画像
高見地区(整備前)
高見地区(整備後)の画像
高見地区(整備後)
改修計画概要
流路延長 9,693メートル
流域面積 25.5平方キロメートル
計画規模 確率50分の1
改修事業量 延長L=3,200メートル

このページの作成者

建設局河川部水環境課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2491 FAX:093-561-5758

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。