ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 健康・医療・衛生 > 感染症 > 子育て中の保護者の方へ(感染症に備えて)
ページ本文

子育て中の保護者の方へ(感染症に備えて)

更新日 : 2020年5月1日
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、お子さんをお持ちの保護者の方が感染する可能性もあります。
  • 本市では、感染が判明した場合、原則入院していただくこととしています。お子さんの感染がない場合は、親子で離れて生活をすることとなるかもしれません。もしものときに備えが必要です。
  • 保護者の方が感染した場合に、お子さんを預かってくれる人を誰にするか、あらかじめ親族同士などで話し合っておいてください。

1 もしもの時、誰に預かってもらいますか?

預かってもらう方を決め、あらかじめ相談しておきましょう。

なお、お子さんも感染の可能性がある場合、下記の方にお子さんをみてもらうのは避けましょう。

  • 心臓、肺、腎臓に持病のある方
  • 糖尿病の方
  • 免疫の低下した方
  • 妊婦の方

お子さんの年齢にもよりますが、主にみる人・サポート役のセットで、考えてください。

サポート役の方は、食材の確保など生活上のサポート役を務めます。

主にみる人・サポート役のリストを作っておきましょう。

主にみる人・サポート役のリストの例
  主に見る人 サポート役
第1候補 Aさん Bさん
第2候補 Cさん Dさん
第3候補 Eさん Fさん

2 預かってもらう方に伝えておく大事なこと、ありませんか?

預かってもらうときに伝えておくこと、例えばアレルギーのこと、子どもの性格のことなど、できるだけ具体的にまとめ、あらかじめ伝えておきましょう。

すべてを網羅しているわけではありませんが、参考になるものを一覧表にまとめています。ご活用ください。

預かってもらう方への連絡事項(一覧表)(Word形式 18KB)

預かってもらう方への連絡事項(一覧表)(Excel形式 14KB)

(注)次のファイルにありますテキストデータをコピー&ペーストしての活用も可能です。

預かってもらう方への連絡事項(テキスト)(Word形式 13KB)

3 預かってもらう方に伝えておくこと(感染症対策)

感染している可能性があるお子さんを預かる際は、気を付けるべきことがあります。預かる方にしっかり伝えるとともに、消毒などで必要なものは、あらかじめ準備しておきましょう。

詳しくは、北九州市HP「家庭内でご注意いただきたい8つのポイント」をご確認ください。

4 預かりをお願いできる方がいない、そんな方へ

お子さんの気持ちを考えれば、身近な親族の方や、ご近所の知り合いの方、親しくしている友達に預かってもらう方が、良いかもしれません。それでも、誰にも預かりをお願いできない方もいらっしゃることでしょう。

感染が判明した保護者の方は、まず保健所と相談を行ってください。そのうえで、どうしても預かってもらえる方がいない場合は、子ども総合センターへご相談ください。

子ども総合センター(戸畑区汐井町1番6号ウェルとばた)

電話番号 093-881-4556

このページの作成者

子ども家庭局子ども家庭部総務企画課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2280 FAX:093-582-0070

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。