ページトップ
ページ本文

大規模小売店舗立地法の目的

更新日 : 2019年3月15日

大規模小売店舗立地法の制度の概要

大規模小売店舗立地法の制度の目的

大規模小売店舗立地法は第一条でその目的を下記のように定めています。

大規模小売店舗立地法(抜粋)
(目的)
第一条 この法律は、大規模小売店舗の立地に関し、その周辺の地域の生活環境の保持のため、大規模小売店舗を設置する者によりその施設の配置及び運営方法について適正な配慮がなされることを確保することにより、小売業の健全な発達を図り、もって国民経済及び地域社会の健全な発展並びに国民生活の向上に寄与することを目的とする。

 この条文から大規模小売店舗の目的・法規制の対象が

  • 周辺地域の生活環境の保持のため、施設の配置及び運営方法について適切な配慮がなされることを確保する(目的)
  • 大規模小売店舗を設置する者(法規制の対象)

ということがわかります。

このページの作成者

産業経済局商業・MICE推進部商業・サービス産業政策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2050 FAX:093-591-2566

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。