ページトップ
ページ本文

7月の野菜(えだまめ、きゅうり等)

更新日 : 2019年3月18日

えだまめ

えだまめの写真

 夏のビールには欠かせないえだまめです。えだまめは、未成熟な大豆の実を収穫したものを指しますが、穀物の大豆用品種ではなく、えだまめ用の専用品種が多く育成されております。最近では、茶豆や丹波黒大豆を使ったえだまめも見られるようになりました。
 野菜として扱われますが、大豆と同じ栄養素を持つ素晴らしい食品です。

きゅうり

きゅうりの写真

 夏の代表的な野菜です。スーパーなどでは一年中店頭に並びますが、殆どが施設で栽培されたものです。家庭菜園などの露地栽培では、6月下旬頃から収穫することができます。
 きゅうりには多くの品種がありますが、現在出回っている品種の多くは白いぼ型品種です。

トマト

トマトの写真

 トマトも夏の野菜の代表格ですが、施設栽培で一年中店頭に並びます。トマトはサラダだけでなく、調理にも使われるため一年中需要があります。
 樹で完熟したトマトは、適度の酸味と甘みがあり美味しくなりますが、果肉が軟らかくなり日持ちが悪くなるため、流通できませんでした。農家の段階では少し赤みがさした程度の果実を収穫していました。現在は完熟しても果肉が硬く日持ちする「桃太郎」という品種が開発されたことにより、全国的に完熟トマトの栽培が広がりました。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。