ページトップ
ページ本文

7月の果実(ラビットスイカ、モモ)

更新日 : 2019年3月18日

スイカ (ラビットスイカ、モモ)

ラビットスイカの写真

 ラグビーボールのような楕円形をした小玉のスイカです。うさぎの体のような形から「ラビットスイカ」と呼ばれています。大玉スイカは冷蔵庫の中で場所をとりますが、このラビットスイカは冷蔵庫の棚に納まり場所をとりません。しかも、皮が薄いので可食部分が多く喜ばれています。
 若松区ではスイカの栽培が盛んで、大玉スイカとラビットスイカの両方を生産しています。

モモ

モモの写真

 果肉が軟らかく、傷がつきやすいモモですが、多汁で甘くおいしいので、全国各地で栽培されています。
 果皮の地色は白と黄があり、その上に赤く着色します。果肉の色も白色と黄色があり、前者を白桃、後者を黄桃と呼びます。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。