ページトップ
ページ本文

8月の果実(ブドウ、もも)

更新日 : 2019年3月18日

ブドウ(巨峰)

ぶどうの写真

  ブドウは、世界的にみると8000年以上前から栽培されており、他の果樹と比べてももっとも広く栽培されています。主な品種は、ヨーロッパ種とアメリカ種、およびこれらの交雑種に分かれます。世界の全生産量のうち約80%がワイン原料に使用されます。
  日本では生産量のうち86%が生食用で、12%がワイン用です。
  巨峰は、代表的な大粒ブドウ種で、日本ではもっとも生産量が多く品種です。1945年に静岡県で個人でヨーロッパ種とアメリカ種を掛け合わせた実生の中から選抜・育成したものです。現在は巨峰と他の品種を掛け合わせた新しい品種の育成が試みられています。

もも

ももの写真

  中国黄河上流の高原地帯が原産地をされており、日本へは弥生時代に伝わったものと考えられています。現在は、明治初頭に中国や欧米から導入された品種をもとに育成されたものが中心となっています。
  日本の代表的な品種は、白桃、白鳳、あかつき、ちよひめ などがあります。主な産地は、長野県、福島県、山梨県、和歌山県、岡山県などです。
  行橋市新田原地区でも栽培されており、市場に出荷されています。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。