ページトップ
ページ本文

1月の果実(いちご、みかん)

更新日 : 2019年3月18日

いちご

いちごの写真

  福岡県ではいちごの生産が盛んで、栃木県に次いで全国第2位の位置にあります。県内で栽培される品種は、ほとんどが「あまおう」です。以前は「とよのか」が主力品種でしたが、とよのかを越える品種として替わっています。「あまおう」は、福岡県農業試験場で育成された品種で、福岡県のJAだけしか栽培が認められていないため、他の県では栽培できません。
 そのため、「あまおう」の生産量は全国的には伸びていませんが、甘くて大きい「あまおう」の人気は高く、首都圏でも高い評価を得ています。

みかん

みかんの写真

 こたつに入って食べる果物は、何と言っても温州みかんだと思います。
 みかんが熟す時期の違いで、早生温州や普通温州などに区別されています。年内までに出荷されるみかんは早生が多く、1月からは普通温州が増えてきます。「青島」は、味が濃くこれから出回る普通温州の中でも人気の品種です。

このページの作成者

産業経済局中央卸売市場
〒803-0801 北九州市小倉北区西港町94番9号
電話:093-583-2025 FAX:093-583-2031

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。