ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 救急医療 > 熱中症による救急搬送状況(7/15時点)
ページ本文

熱中症による救急搬送状況(7/15時点)

更新日 : 2019年7月16日

【熱中症にご注意ください】

市内で発生した熱中症により救急搬送した傷病者の状況を掲載します。(週1回更新)

熱中症は気温などの環境条件だけではなく、人間の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い・風が弱い日や、体が暑さに慣れていない時は注意が必要です。

※(注)調査期間:平成31年4月29日(月曜日)~令和元年10月6日(日曜日)

※(注)数値については、速報値です。 

熱中症による救急搬送者数・日別【7月第2週(7/8~7/15)】

    

 日

7/8

(月曜日)

 7/9

(火曜日)

7/10

(水曜日)

7/11

(木曜日)

 7/12

(金曜日)

 7/13

(土曜日)

7/14

(日曜日)

 7/15

(月曜日)

 人数 2人  1人 1人 3人 1人 0人 0人 1人

熱中症による救急搬送者数【4/29(月曜日)~累計(7/15時点)】

救急搬送者数:61人

 ※前週までとの比較:+9人、前年同期比-66人

熱中症による救急搬送者数・行政区別(7/15時点累計)

 行政区  合計  門司区  小倉北区  小倉南区  若松区  八幡東区  八幡西区  戸畑区
 人数  61人 12人  19人  13人  4人 4人  7人  2人

熱中症による救急搬送者数・傷病程度別(7/15時点累計)

 程度  死亡  重症  中等症  軽症
 人数  0人  0人  31人 30人
  • 死亡:初診時に死亡が確認されたもの。 
     
  • 重症:生命に危険の可能性があるもの。(3週間以上の入院加療が必要)
     
  • 中等症:生命の危険はないが、入院を要するもの。(重症又は軽症以外)
     
  • 軽症:入院加療を必要としないもの。

熱中症による救急搬送者数・年齢区分別(7/15時点累計)

 区分  新生児  乳幼児  少年  成人  高齢者
 人数  0人  1人  13人  20人  27人
  • 新生児:生後28日未満の者
     
  • 乳幼児:生後28日以上満7歳未満の者
     
  • 少年:満7歳以上満18歳未満の者
     
  • 成人:満18歳以上満65歳未満の者
     
  • 高齢者:満65歳以上の者

熱中症による救急搬送者数・発生場所別(7/15時点累計)

 場所  屋内  屋外
 人数 35人 26人

熱中症による救急搬送者数・性別(7/15時点累計)

 性別  男性  女性
 人数

 35人

26人

熱中症による救急搬送者数・時間帯別(7/15時点累計)

 時間帯  0時~5時  6時~11時  12時~17時  18時~23時
 人数  0人 10人  42人  9人

熱中症関連リンク

このページの作成者

消防局警防部救急課
〒803-8509 北九州市小倉北区大手町3番9号
電話:093-582-3820 FAX:093-592-6898

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。