ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 人権 > LGBT(性的少数者)
ページ本文

LGBT(性的少数者)

更新日 : 2019年7月3日

 「性的指向」や「性自認」などを理由とする偏見や差別に苦しんでいる方々がいます。

 北九州市では、市民一人ひとりが互いに価値観や個性の違いを認め合い、多様性が認められる社会を目指すため、LGBT(性的少数者)についての啓発活動、支援等に取り組んでいきます。

性を構成する5要素

 人それぞれ性格や趣味が違うように、性のあり方も「男性」と「女性」のたった2つに分けられるほど単純ではありません。下の5要素の組み合わせにより多様な性のあり方が存在します。

  1. 身体の性 : 戸籍に記載されている性別
  2. 好きになる性「性的指向」 : どのような性別の人(同性・異性・両性)を好きになるか
  3. 心の性「性自認」 : 自分の性別を自分でどう思うか
  4. 表現する性 : 服装、しぐさ、言葉づかいなど
  5. 社会的・文化的な性 : 長い歴史でつくられた男性像・女性像と一致する態度や行動

 例えば、「身体の性」「好きになる性」が女性で、「心の性」「表現する性」が男性という方や、「身体の性」「心の性」「表現する性」は男性で、「好きになる性」も男性という方もいます。これはあくまでも一例ですが、このように、性の組合せは人それぞれで、どれが正しいということはありません。したがって、LGBT(性的少数者)という特別な人たちが存在するわけではありません。みんな普通なのです。

 LGBT(性的少数者)の方々は、少数であるがために、偏見の目で見られたり、職場や学校などで、差別的な取扱いを受けることがあります。このようなことは決してあってはならず、今後は、こうした「性的指向」や「性自認」などを理由とする偏見や差別をなくし、誰もが生きやすい社会をつくっていく必要があります。

LGBTとは

L(レズビアン) 同性を好きになる女性

G(ゲイ) 同性を好きになる男性

B(バイセクシュァル) 異性を好きになることもあれば同性を好きになることもある人

T(トランスジェンダー) 身体の性と心の性が異なる人(性同一性障害者を含む)

 Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイセクシュァル、Tはトランスジェンダーの頭文字です。LGBTは、性的少数者の総称の1つとして使われています。国際的には、LGBTではなく、「SOGIE」という言葉がよく使われています。

SOGIE(ソジー)とは

 性的指向(Sexual Orientation)、性自認(Gender Identity)、性表現(Gender Expression)を組み合わせた用語です。SOGI(ソジ)と呼ぶこともあります。

 「SOGIE(ソジー)」は、LGBTなど特定の人を示すのではなく、すべての人の性のあり方を表現した言葉です。

カミングアウト

 カミングアウトとは、性的少数者(LGBT)であることを告白する(秘密を打ち明ける)ことです。

 友人や家族などからカミングアウトされたら、(1)自分を信頼して勇気をもって打ち明けてくれたことをよく考え、まずはじっくり耳を傾け、相手の思いを受け止めましょう。(2)アウティング防止のためにも、誰と誰に伝えているのか本人に確認しましょう。

アウティング

 アウティングとは、本人の許可なく、性的少数者(LGBT)であることを他人に暴露することです。

 アウティングは、本人のプライバシーに関わる重大な人権侵害です。本人の許可なしに、決して他人に話さないようにしましょう。

北九州市の支援制度

北九州市パートナーシップ宣誓制度(※令和元年7月1日から)

 一方又は双方がLGBT(性的少数者)当事者である2人が、一定の要件を満たしたうえで、互いを人生のパートナーとして相互に協力し合いながら継続的に同居して日常の生活を共にすることを宣誓した場合に、市が「パートナーシップ宣誓書受領証」を交付する制度です。

 詳しくは、北九州市パートナーシップ宣誓制度のページをご覧ください。

LGBT(性的少数者)に関する相談窓口

人権相談(人権推進センター)

  人権に関する相談に、専門の相談員が応じます。

  詳しくは、人権相談窓口のページをご覧ください。

弁護士によるLGBT電話相談(福岡県弁護士会)

  法律的な問題、その他困りごとなどについて、弁護士が無料で電話相談に応じます。

    相談日時:第2木曜日・第4土曜日 正午~午後4時

    電話番号:070-7655-1698

こころと生き方の一般相談(男女共同参画センター・ムーブ)

  こころに抱えた悩みの相談に、相談員が応じます。

  詳しくは、こころと生き方の一般相談(外部リンク)のページをご覧ください。 

性別による人権侵害相談(男女共同参画センター・ムーブ)

  性別をめぐる差別的取り扱いや人権侵害についての相談に、相談員が応じます。

  詳しくは、性別による人権侵害相談(外部リンク)のページをご覧ください。

自殺予防こころの相談電話 (精神保健福祉センター)

  自殺を含む、こころの悩みなどをご相談ください。

  詳しくは、自殺予防こころの相談電話 のページをご覧ください。

性同一性障害に関する相談 (精神保健福祉センター) ※令和元年7月から

  性同一性障害に関する知識や医療機関等の情報を提供します。

  詳しくは、性同一性障害に関する相談 のページをご覧ください。

  

  

啓発冊子など

外部リンク

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局人権推進センター人権文化推進課
〒803-0814 北九州市小倉北区大手町11番4号
電話:093-562-5010 FAX:093-562-5150

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。