ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護保険制度について > 介護保険で利用できるサービス > 介護(予防)サービスを利用するときの手続き
ページ本文

介護(予防)サービスを利用するときの手続き

更新日 : 2019年4月8日

介護(予防)サービス計画

在宅サービスを利用するときは、介護(予防)サービス計画の作成が必要です。
要介護1~5と認定された人は、居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)に、要支援1・2と認定された人は、地域包括支援センターに依頼し、介護(予防)サービス計画を作成してもらう必要があります。

※介護(予防)サービス計画の作成に本人の費用負担はありません。

介護(予防)サービス計画の作成を依頼する事業者などが決まったら、住所地の区役所介護保険係に「居宅サービス計画作成依頼届出書」または「介護予防サービス計画作成依頼届出書」を保険証と一緒に提出してください。

※介護(予防)サービス事業者と契約するときは、事業者から重要事項説明書の交付を受け、詳しい説明を必ず受けてください。

介護の必要な度合いに応じて次のように分けられます。

要介護5 居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)がケアマネジメントを行います。
要介護4
要介護3
要介護2
要介護1
要支援2 地域包括支援センターが介護予防ケアマネジメントを行います。
要支援1

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部介護保険課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2771 FAX:093-582-5033

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。