ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護保険以外の在宅サービス > 高齢者地域交流支援通所事業
ページ本文

高齢者地域交流支援通所事業

更新日 : 2020年7月8日

事業概要

 在宅の高齢者のうち、要介護状態となるおそれの高い状態にあると認められる方に対し、できるだけ長く自立した生活ができるように、健康や生きがいづくりに役立つサービスを提供します。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年3月2日(月曜日)から当面の間(令和2年4月30日(木曜日)を目処)、事業を休止しておりましたが、国の「緊急事態宣言」が延長されたため、事業の休止期間を、当面の間(令和2年5月31日(日曜日)を目処)延長させていただいておりました。

 また、国の「緊急事態宣言」は解除されましたが、感染拡大の状況を鑑み、市民センターの貸館業務が令和2年6月18日(木曜日)まで休止になったことに伴い、当事業を当面の間(令和2年6月18日(木曜日)までを目途)休止させていただいておりました。

 今後は、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行いながら、令和2年7月13日(月曜日)から、事業を順次再開する予定です。

 本事業を実施している市民センターは50館あり、本事業の再開日が異なりますので、以下の「令和2年度北九州市高齢者地域交流支援通所事業 再開日一覧」をご確認ください。

 なお、感染症拡大状況によっては、再開日が変更になることや、事業の実施を再度見直す場合がありますので、ご了承ください。

サービスの内容

昼食会、介護予防プログラム(介護予防につながるプログラムを含む)、健康チェック、介護予防につながる軽スポーツ・レクリエーション、日常動作訓練、教養・文化活動、創作・趣味活動等

【実施場所】
市民センター(市内で50箇所)

【利用時間】
昼食を入れて3時間程度
(注)基本は、午前9時30分から午前12時30分
センターにより時間帯が変わることがあります

【利用回数】
週2回

サービスを利用できる人

  1. 要介護状態となるおそれの高い状態にあると認められる65歳以上の方で、次のいずれかに該当する方
    ・要介護認定で非該当と判定された人
    ・ひとり暮らしや閉じこもりがちな方等
  2. その他、65歳以上で介護予防・自立支援の観点からこの事業で行うサービスが必要と認められる方

費用(自己負担額)

食費や原材料費等の実費を負担していただきます。

利用方法

各区役所保健福祉課高齢者・障害者相談係、もしくはお住まいの小学校区の地域包括支援センターにお申込みください。
所定の様式により、身体状況や家族の状況などを確認した上で、利用の可否および場所の決定を行います。

お問合せ

 各区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 もしくは お住まいの小学校区の地域包括支援センターへお申し込みください。

各区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係の連絡先

区役所 電話番号
門司区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-321-4800
小倉北区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-582-3430
小倉南区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-952-4800
若松区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-751-4800
八幡東区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-671-4800
八幡西区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-645-4800
戸畑区役所 保健福祉課 高齢者・障害者相談係 093-881-4800

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部長寿社会対策課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2407 FAX:093-582-2095

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。