ページトップ
ページ本文

神嶽川旦過地区の整備

更新日 : 2019年5月17日

 旦過地区は、小倉都心の重要な商業拠点として長年市民に親しまれてきましたが、一方で、神嶽川の浸水被害や密集した木造建築物など、防災・防火面で課題を抱えています。
 この旦過地区の安全性を高めるとともに、魅力ある市場として継続させるため、神嶽川の改修と一体となった、旦過地区の再整備を行っています。

■神嶽川(旦過地区)の浸水被害

平成21年7月と平成22年7月の豪雨により神嶽川から溢水し、旦過市場では2年連続で浸水被害が発生しました。

平成21年7月の浸水状況

神嶽川(旦過地区)の浸水状況
神嶽川(旦過地区)
旦過市場内の浸水状況
旦過市場内

■整備の概要

(1)神嶽川(旦過地区)の改修

■延長 約200メートル
■内容 河道拡幅 現況 約19メートル ⇒ 改修後 約25メートル
    護岸嵩上 約0.8メートル
    河道掘削 約2.0メートル

河川計画 断面図

(2)旦過地区の再整備

 神嶽川の改修と一体となった旦過地区の再整備について、市場関係者を中心とした検討組織を設立しながら、検討を進めてきました。

◇旦過地区まちづくり構想(平成25年9月)

 河川上空の利用を想定して魅力ある旦過市場とするために、「旦過地区まちづくり勉強会」を設立し、旦過市場の将来像(目指していきたい方向性)をとりまとめた。

◇旦過地区まちづくり整備計画(平成27年4月)

 構想を具体化するために、「旦過地区まちづくり整備計画(素案)検討委員会」を設立し、施設の規模・配置、工事中の仮営業など、具体的な検討を行い、施設計画を複数案示。

◇旦過地区まちづくり基本計画(平成28年6月)

 再整備の進め方や魅力を高める新たな機能・施設などの検討するため、「旦過地区まちづくり整備準備委員会」を設立後、整備計画で示された施設計画(案)の絞り込みを実施。

◇旦過地区まちづくり基本計画 今後の実施方針(平成29年6月)

 「旦過地区まちづくり基本計画」の内容について、市場関係者への個別意向調査結果等を踏まえ、今後の実施方針を策定。
 この方針に基づく検討のため、新たに「旦過地区再整備協議会(新市場管理運営委員会・旦過地区土地建物委員会)」を設立し、これまでのまちづくり手法の検討(ソフト対策)に加え、土地区画整理事業による基盤整備(ハード整備)の検討を進める。

◇旦過地区再整備の今後の方向性(平成30年10月)

 旦過地区の地元(権利者及び市場3団体)と役割分担のもと、基盤整備は市施行による土地区画整理事業(立体換地)、建物整備及び管理運営は地元が実施する方向性で、事業を推進。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

建設局河川部神嶽川旦過地区整備室
〒802-0082 北九州市小倉北区古船場町1番35号(商工貿易会館5階)
電話:093-511-7123 FAX:093-511-7120

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。