ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 北九州の子ども食堂の取組みについて(令和3年度)
ページ本文

北九州の子ども食堂の取組みについて(令和3年度)

更新日 : 2021年7月21日

 北九州市では、平成28年9月からモデル事業として市内2ヶ所の市民センター(小倉北区日明と八幡東区尾倉)で子ども食堂を実施してきました。
 平成30年4月からは、これら2ヶ所の運営を民間に移行しており、現在(令和3年6月1日時点)、地域や民間団体による取組みが、把握している限りで市内に37ヶ所あり、地域のニーズに沿った形で運営されています。

 また、これらの子ども食堂をバックアップするため、平成29年8月には、「子ども食堂ネットワーク北九州」を立ち上げました。

 あわせて、平成30年度からは、子ども食堂コーディネーターを2名配置して、開設・運営に関する相談対応するとともに子ども食堂開設等補助金を創設して、開設や事業拡大に掛かる施設整備費と事業費の補助を行っています。

子ども食堂とは

絆キッチン

 地域の大人が子どもに無料または低額で食事を提供する取り組み。2012年に東京都大田区で始まったとされ、その後、全国各地で運営に取り組むようになりました。
 現在では、貧困家庭の子どもへの支援に限らず、地域の交流の場としての役割を担っていることも多く、地域活動の一環として多くの地域の方々が参画しながら実施しています。

 北九州市の子ども食堂では、孤食の防止と地域の子どもと大人がコミュニケーションを図りながら安心して過ごすことのできる子どもの居場所として実施しています。

子ども食堂を広げるためには

絆キッチン

北九州市では、持続可能な子ども食堂づくりを目的に、下記の事業を行っています。

  • 子ども食堂ネットワーク北九州
  • 子ども食堂コーディネーター委託
  • 子ども食堂の登録制度
  • 子ども食堂開設等補助事業

子ども食堂ネットワーク北九州

イラスト:多くの人々が仲良くしている様子

 民間を主体とした子ども食堂の活動の支援のため、「子ども食堂ネットワーク北九州」において、情報提供や意見交換、研修、寄付の関係など様々なサポートを行い、子ども食堂関係者の負担を軽減するために実施しています。

主な実施内容

(1)子ども食堂に関する情報提供や意見交換
 ボランティアの受け入れや食材の調達方法、食物アレルギーなどの食の安全確保、国の助成金に関する情報などについて、情報提供や意見交換を実施

(2)衛生管理に関する研修等
 運営スタッフに対して、市の管理栄養士等による食中毒や衛生管理に関する研修会を実施

(3)ボランティアや寄付関係
 ボランティアの募集や配置、寄付金や寄付食材の募集や管理、分配など

(4)行政団体等との対応
 
保健所や教育委員会など行政機関との調整、視察の対応など

子ども食堂コーディネーター

写真:日明げんきもりもりハウスのご飯

 子ども食堂を地域に根ざした取組みとして、市内に広げて行くため、子ども食堂の運営のノウハウを熟知した「コーディネーター」を設置し、地域や学校、PTA、行政などと開設や運営に関する調整や相談、情報提供などきめ細かく対応していくことにしています。

事業内容

子ども食堂の開設・運営に関する情報の収集・提供、相談対応、助成金の申請などの各種サポート

人数

3名

その他

市内の子ども食堂の開催日に子ども食堂へ訪問します。
些細な相談事でも結構ですので、何でもお問合せ下さい。

子ども食堂の登録制度

日明

 子ども食堂の開設や運営をサポートするため、衛生管理の確保が図られており、多目的ホールや会議室、調理室などが整備されている「市民センター」の活用を推奨しています。
 なお、この市民センターは通常の子ども食堂の活動においても、光熱水費は有料での利用となりますが、市が定める一定の基準をクリアした子ども食堂は「市の事業に準ずる活動をする子ども食堂」として、市民センターを全額減免で利用することが出来ます。

子ども食堂開設等補助事業

説明会

 子ども食堂の開設を考えている民間団体や既存の民間団体等の取り組みに対し、開設や拡充、運営に掛かる費用を補助します。さらに、新型コロナウイルス感染症対策として、フードパントリー事業(食料が必要な子育て世帯への支援活動)を実施している団体に対しても補助を行います。

補助内容

  1. 子ども食堂のハード面(開設・拡充)の補助については、施設の修繕・改修費用、備品の購入の購入、開設に関する広告料や印刷料等にかかった費用の3分の2を助成(申請は1団体1回のみで上限20万円)

  2. 子ども食堂のソフト面(運営)の補助については、賃借料、運営に関する広告料や印刷料、消耗品費、光熱水費、食材費、交通費、保険料、通信費、委託料、その他適当と認められる経費などにかかった費用の3分の2を助成(申請は1団体3年まで、年間上限20万円)

  3. フードパントリーの補助については、賃借料、運営に関する広告料や印刷料、消耗品費、光熱水費、食材費、食料品の運搬費、保険料、通信費、委託料、ボランティアへの謝礼などの報償費などにかかった費用の10割を助成(申請は1団体3年まで、年間上限30万円)

 (注1)補助対象となる活動期間は、令和3年4月1日から令和4年3月31日まで
 (注2)1度補助金を受けたからといって次年度も補助金が確約されているとは限りません

事業費

(1)子ども食堂事業費(ハード面)140万円 (内訳:20万円× 7カ所=140万円)

(2)子ども食堂事業費(ソフト面)280万円 (内訳:20万円×14カ所=280万円)

(3)フードパントリー事業費300万円(内訳:30万円×10カ所=300万円)

子ども食堂へのご寄付について

募集

 

北九州市では、子ども食堂の運営に必要な運営費や食材の寄付等を募集しています。

市が把握しているだけで、令和3年3月末現在で500万円あまりの寄付金と120件の食材の寄付をいただきました。

また、お米2トン以上のご寄付をいただきました。

誠にありがとうございます。

子ども食堂で必要なもの
(1)お米
(2)運営資金や食材、お菓子、缶詰
(3)手洗い石鹸や消毒液などの衛生管理用品
(4)食材を保管する倉庫等のスペース

寄付をお考えの際は、事前に北九州市子ども家庭局子育て支援課までご相談ください。

子どもの居場所づくり<子ども食堂>応援基金について

 令和2年度より北九州市社会福祉協議会に子どもの居場所づくり<子ども食堂>応援基金が創設され、税控除制度の適応が受けらるようになりました。
 寄付金については、市内の子ども食堂の運営資金として活用させていただきます。

 寄付をお考えの際は、下記のリンク先からお願いいたします。
 
 皆様のご協力をお待ちしております。

北九州市内子ども食堂マップを作成しました

北九州市内の子ども食堂の認知度の向上やボランティア等の募集を図るため、子ども食堂マップを作成しました。

是非ご覧ください。

ボートレース若松様より協賛をいただいております。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

子ども家庭局子育て支援部子育て支援課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2410 FAX:093-582-5145

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。