ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > おでかけ > 海を楽しむ > 北九州港開港130周年記念事業 メインイベントを開催しました!
ページ本文

北九州港開港130周年記念事業 メインイベントを開催しました!

更新日 : 2019年12月24日

明治22年に門司港が国の特別輸出港に指定されてから、2019年11月15日で130周年を迎えました。

そこで、130周年を祝う記念事業のメインイベントとして、開港記念日の11月15日(金曜日)に続く16日(土曜日)、17日(日曜日)に、門司港で様々な記念イベントを行いました。

当日は、海上自衛隊の補給艦「ましゅう」や国土交通省関門航路事務所の浚渫船「海翔丸」など各種船舶の公開や、市民参加型のアートイベント、音楽ライブイベント、竹灯籠などによる光と音の演出などで開港記念を盛大にお祝いしました。

港が果たす役割や、海辺のすばらしさ、大切さ、楽しさを感じるきっかけになりました。

主なイベント内容

北九州港開港130周年記念事業 メインイベントの概要
イベント概要チラシ

イベント開催日 令和元年11月16日(土曜日)、17日(日曜日)

開催場所     門司港(関門海ミュージアム前芝生広場やレトロ中央広場)

海の大壁画ライブアート

海をテーマにした市民参加によるボーダーレスアート壁画の製作、展示を行いました。

壁画製作の様子画像
展示している壁画画像

アートスポット

市内大学生等によるアート作品を設置。インスタスポットとなるようなライトアップを行いました。

アートスポット作品1
アートスポット作品2

竹灯籠、キャンドルナイト

竹灯籠やキャンドルによる光の演出で幻想的な空間を創出しました、。多くの市民とともにロウソクに点灯し、開港130周年に思いを寄せました。

竹灯籠の様子
竹灯籠の様子2
キャンドルアートの様子

HAND MADE DAYS(ハンドメイドデイズ)、LIKE BLUE MART(ライクブルーマート)

ハンドメイド作家による出店や、マルシェ、音楽ライブ、ライブペイントなど、音楽、アート、市場をテーマにしたカルチャー系イベントを開催しました。

ハンドメイドデイズの様子
ライクブルーマートの様子
ライクブルーマートの様子2

130周年だよ!船舶集合!

海技教育機構「青雲丸」

帆船「みらいへ」

海上自衛隊 補給艦「ましゅう」

海上保安庁 巡視船「くにさき」

門司税関 巡視艇「げんかい」

九州地方整備局関門航路事務所 浚渫船「海翔丸」

が一堂に集まり、船内見学や体験教室などの一般公開を行いました。

関門航路事務所 浚渫船「海翔丸」
帆船「みらいへ」
海上自衛隊 補給艦「ましゅう」

PORTO FESTA(ポルトフェスタ)

九州やアジアの食や文化をテーマにしたマルシェ形式のイベントを開催しました。

ポルトフェスタの様子1
ポルトフェスタの様子2
ポルトフェスタの様子3

レトロ中央広場ステージイベント

レトロ中央広場ステージでは、地元アーティストによる音楽ライブや門司税関による麻薬探知犬デモンストレーション、毎年恒例の門司港レトロイルミネーション点灯式など、たくさんの楽しいステージが繰り広げられました。

レトロ中央広場ステージの様子1
レトロ中央広場ステージの様子2
レトロ中央広場ステージの様子3

このページの作成者

港湾空港局総務部クルーズ・交流課
〒801-8555 北九州市門司区西海岸1-2-7
電話:093-321-5939 FAX:093-321-5915

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。