ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > 芸術・文化 > 東アジア文化都市2020北九州 > 東アジア文化都市2020北九州
ページ本文

東アジア文化都市2020北九州

更新日 : 2020年6月23日

特設サイト・SNS完成!

「東アジア文化都市2020北九州」専用の特設サイト・SNSが完成しました!

イベントをはじめ、様々な情報を発信していきます。

(「東アジア文化都市2020北九州」特設サイト(外部リンク))

新型コロナウイルスによるイベント開催への影響について

新型コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、内容を変更・中止する場合があります。

最新情報は、北九州市及び東アジア文化都市2020北九州のホームページでお知らせします。

【開催延期】東アジア文化都市2020北九州開幕式典

新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る政府の方針を受け、感染拡大防止の観点から、国と協議を行った結果、東アジア文化都市2020北九州「開幕式典」を延期としましたのでお知らせいたします。
延期後の開幕式典の概要は決まり次第、公式ホームページ・SNS及び市政だよりなどでお知らせいたします。

東アジア文化都市の開催と日中韓3都市による交流の始まりを国内外に向けて発信する開幕式典を開催します。

イベントの詳細は次のページをご覧ください。(開幕式典ページ(外部リンク)

【開催延期】オープニングイベント「和食で語る。「美味しい!」がつくる未来」

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、開催を延期いたします。

延期後の開催概要は決まり次第、ホームページ・SNS及び市政だよりなどでお知らせいたします。

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」をテーマに和食のユネスコ無形文化遺産登録に尽力された熊倉功夫氏による基調講演や元村有希子氏をコーディネーターに山際千津枝氏、コウケンテツ氏らによるトークショーを行います。

申込みやイベント詳細は次のページをご覧ください。(和食語る。「美味しい!」がつくる未来ページ

SNS講座を開催!【終了しました】

2019年12月21日(土曜日)、世界最高の広告賞であるカンヌ国際クリエイティビティフェスティバルの金賞など国内外で80以上の賞を獲得している株式会社博報堂コピーライター 中村圭氏を講師に招き、SNS講座を開催します。

詳しくは次のページをご覧ください。(個人メディア時代におけるSNS講座ページ

「東アジア文化都市2020」メインビジュアル完成!

東アジア文化都市2020のポスター画像
「東アジア文化都市2020」メインビジュアルを用いたポスター

 来年3月の開幕に向け、まち全体を東アジア文化都市でさらに盛り上げていくメインビジュアルが完成しました!
 これは、「北九州市 時と風の博物館」に市民の皆様が投稿した写真を用いたモザイクアートで、「人をつなぐ。未来をつなぐ。」をキャッチフレーズに文化芸術を通じて、人の想いがつながって、未来を創っていくというイメージを表現しています。
 今後、市役所・区役所等の市有施設に加え、市内の文化・商業施設における屋内外の広告で、まち全体を「東アジア文化都市2020北九州」で彩ります。

東アジア文化都市とは

 「東アジア文化都市」とは、日中韓3か国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、その都市において、現代の芸術文化から伝統文化、また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。
また、当該都市がその文化的特徴を生かして、文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより、事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。 

2020年の「東アジア文化都市」の開催都市が決定しました。

・東アジア文化都市宣言式(令和元年8月30日(金曜日)、韓国仁川広域市)
 日中韓文化大臣会合において、2020年の東アジア文化都市開催都市(日本・北九州市、中国・揚州市、韓国・順天市)が正式決定し、選定証を授与されました。

開催年

日本

中国

韓国

2014年

横浜市(外部リンク)

泉州市

光州広域市

2015年

新潟市(外部リンク)

青島市

清州市

2016年

奈良市(外部リンク)

寧波市

済州特別自治道

2017年

京都市(外部リンク)

長沙市

大邱広域市

2018年

金沢市(外部リンク)

ハルビン市

釜山広域市

2019年

豊島区(外部リンク)

西安市

仁川広域市

2020年

北九州市

揚州市

順天市

宣言式の様子(左から日本・韓国・中国)
(左から日本・韓国・中国)
宣言式の様子(左から北九州市長、順天市長、揚州市副市長)
(左から北九州市長、順天市長、揚州市副市長)

「東アジア文化都市2020北九州」公式ロゴマークが決定しました!

公式ロゴマーク

 市民公募で募集した 「東アジア文化都市2020北九州」の公式ロゴマークが、市民投票により決定しました。各区役所や出張所、小学校等で、約13,000人の方に投票していただきました。投票してくださったみなさん、ありがとうございました。

【ロゴマークコンセプト】
 左側は「小倉織」をイメージした北九州市の頭文字「K」を、右側は3色の三角形を組み合わせ、日本・中国・韓国・の文化の広がりや人々の交流を表現しています。あらゆる方向へのつながりを、ゆるやかに結び合わせ、まとめるイメージです。 

東アジア文化都市2020北九州の各種計画を作りました!

東アジア文化都市関連リンク

「東アジア文化都市2020北九州」市民企画事業(パートナーシップ事業)の募集について

 東アジア文化都市2020北九州実施にあたり、市内全体で開催機運を盛り上げるため、市民の皆様が企画・実施する取組みやイベントを「パートナーシップ事業」として費用の一部を助成します。詳しくは、パートナーシップ事業ページをご覧ください。(パートナーシップ事業ページ

「東アジア文化都市2020北九州」フレンドシップ事業の募集について

 東アジア文化都市2020北九州実施にあたり、市内全体で開催機運を盛り上げるため、事業の冠付けやロゴマークの使用に協力いただける取組みを募集します。詳しくは、フレンドシップ事業ページをご覧ください。(フレンドシップ事業ページ

「東アジア文化都市2020北九州」に向けて、タウンミーティングとワークショップを開催しました!

「東アジア文化都市2020北九州」に向けて、タウンミーティングとワークショップを開催しました。多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

市民文化スポーツ局東アジア文化都市推進室
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2390 FAX:093-581-5755

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。