ページトップ

皿倉山へようこそ

更新日 : 2020年4月10日

いにしえの伝説を秘めたふるさとの山

「八幡駅から見た皿倉山」の写真
八幡駅から見た皿倉山

皿倉山は、市内の多くの学校の校歌の歌詞に登場するなど、市のシンボル的な存在として多くの市民に愛されています。

皿倉山の名前の由来は、日本書紀に記された「神功皇后伝説」に由来すると語り継がれています。
神功皇后が西征の折、山に登られてはるかな国々を眺望されて下山したとき、さらに夕暗が深まっていたので、「更に暮れたり」と言われたことから、「更暮山」あるいは「更暗山」と呼ばれ、「皿倉山」に転じたとされています。

 

帆柱自然公園(北九州国定公園)

皿倉八景「巨樹老木・皇后杉」写真
皿倉八景「巨樹老木・皇后杉」

皿倉山(622メートル)、権現山(617メートル)、帆柱山(488メートル)、花尾山(351メートル)を含む帆柱山系一帯の森林地帯は「帆柱自然公園」と呼ばれており、「北九州国定公園」に指定されています。

市街地のすぐそばにありながら自然環境に恵まれ、多くの動植物や昆虫、野鳥などが生息しています。

平成30年10月に市民投票で選ばれた景勝スポット「皿倉八景」を巡れば、皿倉山の自然と眺望が堪能できます。詳細は、「皿倉八景」をクリックしてください。

皿倉山は、昼も、夜も、ミドコロたくさん!

皿倉山ポスターの写真
昼も、夜も。皿倉山。

山頂からの眺望は、昼は市街地や周囲の山系が見渡せる「360度の大パノラマ」、夜は「100億ドルの夜景」として、昼夜問わず、訪れる方を楽しませてくれます。

特に、「100億ドルの夜景」と称される夜景の美しさは素晴らしく、平成30年、北九州市は全国5,542名の夜景観賞士による投票で、皿倉山をはじめとした6つの夜景遺産が評価され、長崎市、札幌市とともに、「日本新三大夜景都市」に認定されました。

皿倉山ケーブルカー・スロープカー

皿倉山ケーブルカーの写真
皿倉山ケーブルカー

山麓駅から、ケーブルカーとスロープカーを乗り継ぐと、約10分で山頂に到達できます。

運行情報等の問い合わせは、皿倉登山鉄道株式会社(外部リンク)をクリックしてください。

皿倉山へのアクセス

アクセスマップの写真
アクセスマップ

(注)平成29年12月1日から、皿倉平(8合目)より先は、終日、関係車両以外の通行ができなくなりました。

(注)皿倉平に駐車場はありません。駐車場は、山麓の立体駐車場をご利用ください。詳細は、「帆柱公園駐車場の利用について」をクリックしてください。

無料シャトルバス

ケーブルカー・スロープカーの夜間運行日に、「JR八幡駅」と「皿倉山ケーブルカー山麓駅」の間を、無料シャトルバスが運行しています。

運行情報等の問い合わせは、皿倉登山鉄道株式会社(外部リンク)をクリックしてください。

JR、西鉄バスでお越しになる場合

  1. JR八幡駅から
    ・徒歩25分
    ・タクシーで5分
    ・西鉄バス42番「製鉄飛幡門」行き乗車約13分、「帆柱登山口」下車、山麓駅まで徒歩10分
  2. JR黒崎駅から
    ・「黒崎駅前ふれあい通り」から西鉄バス42番「製鉄飛幡門」行き乗車約20分、「帆柱登山口」下車、山麓駅まで徒歩10分
  3. JR小倉駅から
    ・「小倉駅前」から西鉄高速バス「西鉄天神高速バスターミナル」行き(いとうづ号)乗車約38分、「高速皿倉山ケーブル」下車、山麓駅まで徒歩5分

お車でお越しになる場合

北九州都市高速道路「大谷ランプ」より5分。

このページの作成者

八幡東区役所総務企画課
〒805-8510 北九州市八幡東区中央一丁目1番1号
電話:093-671-1459 FAX:093-681-8329

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。