ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 救急医療 > お盆期間中の救急医療体制
ページ本文

お盆期間中の救急医療体制

更新日 : 2020年8月4日

お盆期間中の救急医療体制について

お盆期間中に通常の診療を行っている医療機関がありますので、かかりつけ医の診療日時などを事前に確認しておきましょう。

また、期間中を通して、通常どおり夜間・休日急患センターや救急医療機関での日中及び夜間の急患受け入れを行う予定です。

詳しくはテレフォンセンター(電話:093-522-9999)にお問い合わせください。

救急医療体制図
各診療科目の受け付けは、診療終了時間の30分前まで(24時間診療の医療機関は除く)です。

お盆期間中の市立病院の診療

市立病院は、通常どおり開院し、診療します。

・医療センター(小倉北区馬借二丁目、電話541-1831)
・八幡病院(八幡東区尾倉二丁目、電話662-6565)
・門司病院(門司区南本町、電話381-3581)

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

保健福祉局健康医療部地域医療課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2678 FAX:093-582-2598

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。