ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > 観光・おでかけ > おでかけ > 海を楽しむ > 令和2年度 グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証支援事業(実施報告)
ページ本文

令和2年度 グリーンスローモビリティの活用検討に向けた実証支援事業(実施報告)

更新日 : 2021年6月21日

環境への負荷が少なく、狭い路地も通行が可能で、高齢者の足の確保や観光客の周遊に役立つ「新たなモビリティ」として期待される「グリーンスローモビリティ」の活用に向けた実証調査地域に、全国で本市を含めて6件が採択され、令和2年11月10日から11月23日の2週間、みなとオアシス門司港において、実証運行を行いましたので、お知らせいたします。

実証運行の概要

出発式の様子
消毒を行い乗車する子どもたち
レトロ地区を走るグリスロ

運行期間

令和2年11月10日(火曜日)から11月23日(月曜日・祝日)の14日間

運賃

無料

運行車両

・車名:eCOM8(イ ―コムエイト)1台
・乗車定員:10名(運転手1名、乗務員1名、乗客8名)
・外観寸方:全長4,4メートル、全幅1,9メートル、全高2,4メートル
・車両重量:1,160キログラム(総重量10人乗車時 約1,710キログラム)
・最高速度:時速19キロメートル、走行距離40キロメートル、最小回転半径6.2メートル
・電池:リチュウムポリマー、電圧52ボルト、容量100アンペア時

運行内容(運行コース・時刻表)

以下の(1)(2)のルートに分けて運行を行いました。

ルート(1) 平日(終日)土曜日・日曜日・祝日(午前)定時定路線運行
ルート(2) 土曜日・日曜日・祝日(午後)予約制ガイド付ツアーの実施

運行内容(運行コース、時刻表)
 

ルート(1) 平日(終日)、
土曜日・日曜日・祝日(午前)

ルート(2) 
度曜日・日曜日・祝日(午後)

運行形態

・定時定路線(事前予約不要)
・乗降場所にて乗り降り
・乗車料金無料

・ガイド付きツアー(事前予約制)
・関門海峡ミュージアム、
 門司電気通信レトロ館のみで乗降
・参加料金無料

運行便数

・平日 1日8往復便
(午前中4往復、午後4往復)
・土曜日・日曜日・祝日 午前4往復

・土曜日・日曜日・祝日 午後2往復(4回)
(14日、15日、21日、22日、23日)

運行ルート等の情報

その他実施事業

・11月9日(運行前日)乗車体験会実施(地域住民等を対象)

・11月10日(運行初日)出発式

・バスの位置や満空状況がリアルタイムで把握できるバスロケーションシステムの導入

バスの位置や満空状況がリアルタイムで把握できるバスロケーションシステム
バスロケーションシステム

実証調査の結果について

  1. 延べ利用者数(1,403人) 乗車率86%
     
  2. 1日の平均利用者数(100人)(平日106人、土曜日・日曜日・祝日89人)
    (注)土曜日・日曜日・祝日の午前は、定時定路線運行(4往復便)で、午後は完全予約制(2往復便)のガイドツアーを行ったため、平日(8往復便)の利用者数の方が多くなっています。
     
  3. 停留所別利用者数
    関門海峡ミュージアム(乗車614人、 降車456人)
    マリンゲート門司(乗車59 人、降車50人)
    プレミアホテル門司港 (乗車195人、 降車219人)
    門司港レトロ観光物産館 (乗車64人、 降車186人)
    電気通信レトロ館(乗車471人、 降車492人)

アンケート結果

今回の実証調査では、延べ1,403人にご利用いただき、そのうち911人の方にアンケートにご協力いただきました。

アンケート調査結果の概要【抜粋】 ()内は無回答を含まない割合

  • グリーンスローモビリティの満足度・・・「満足」「どちらかといえば満足」合わせて 
    定時定路線 86.8 %(95.6%)
    ガイドツアー93.7%
     
  • グリーンスローモビリティの必要性・・・「必要」「運行内容を見直せば必要」「将来的に必要」合わせて
    定時定路線90.2%(97.8%)
    ガイドツアー 83.9%(96.0%)
     
  • 本格運行された場合、有料でも利用するか
    (定時定路線)
    有料でも利用する 53.5% 
    分からない 32.4%
    利用しない 7.8%
    (ガイドツアー)
    有料でも利用する 38.5%
    分からない 33.6%
    利用しない 18.9%
     
  • 有料でも利用する場合、いくらであれば利用するか
    (定時定路線)
    200円まで 82.5%
    300円まで 14.2%
    500円まで 2.5%
    (ガイドツアー)
    200円まで 13.7%
    300円まで 29.4%
    500円まで 39.2%
     
  • その他自由意見
    (運行について)定員増加、ダイヤ、ルートの見直し、増便、自動音声ガイドの必要性
    (車両について)騒音、段差、乗り心地、歩行が困難な人でも楽しめる
    (環境について)強風対策、寒さ対策
    (ガイドについて)ガイドが素晴らしい、案内がある方が良い、レトロ地区から足を延ばす選択肢が増える
    (その他)回遊性に効果大、駅への乗り入れ、生活面での活用
     

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。 下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。
Adobe Readerダウンロードページ(外部リンク)

このページの作成者

港湾空港局総務部クルーズ・交流課
〒801-8555 北九州市門司区西海岸1-2-7
電話:093-321-5939 FAX:093-321-5915

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。