ページトップ
印刷用ページ(新規ウィンドウで表示します)
現在位置:トップページ > くらしの情報 > 福祉・人権 > 介護 > 介護サービス事業者に対する実地指導について
ページ本文

介護サービス事業者に対する実地指導について

更新日 : 2020年9月24日

 実地指導とは、介護保険法第23条に基づき、介護サービス事業者に対して、介護給付費の適正化及びよりよいサービスの推進を目的として、指導を行うものです。

 下記に実地指導の際必要となる事前提出書類を掲載しますので、適宜ダウンロードしてご利用ください。

 サービスごとに必要な書類は以下のとおりです。

1.居宅サービス・通所サービス(地域密着型サービスを含む)

 (1)表紙(該当するサービスのもの)、 (2)自主点検表(該当するサービスのもの)、(3)従業者の勤務形態一覧表、(4)身体拘束廃止・虐待防止への取り組み状況調査票

2.施設サービス

 ・介護老人保健施設

 「(5)介護老人保健施設」に掲載する資料一式

 ・介護老人福祉施設(地域密着型を含む)

 「(6)介護老人福祉施設(地域密着型を含む)」に掲載する資料一式

(1)表紙

 ファイルをダウンロード後、該当するサービスの部分だけご使用ください。

(2)自主点検表

(3)従業者の勤務形態一覧表

 ファイルをダウンロード後、該当するサービスの部分だけご使用ください。

(4)身体拘束廃止・虐待防止への取り組み状況調査票

 ファイルをダウンロード後、該当するサービスの部分だけご使用ください。

(5)介護老人保健施設

(6)介護老人福祉施設(地域密着型を含む)

 ショートステイの有無で様式が異なりますので、ダウンロードの際はご注意ください。

このページの作成者

保健福祉局地域福祉部介護保険課
〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
電話:093-582-2771 FAX:093-582-5033

メールを送信(メールフォーム)

このページについてご意見をお聞かせください

お探しの情報は見つかりましたか?

【ご注意】

  • 業務に関するお問い合わせなど、お答えが必要な場合は直接担当部署へお願いします。
    上の「メールを送信(メールフォーム)」からお問い合わせください。
    (こちらではお受けできません)
  • 住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。